SSブログ

『マジック・ランタン・サイクル』 [映画]

おん年94歳、生きながらにして伝説の映像作家
ケネス・アンガーの短編9作品を集めた『マジック・ランタン・サイクル』(’81.米)が
HDリマスター版でリヴァイヴァル上映される。
さすが、デレク・ジャーマンを我が国に紹介したアップリンク浅井隆氏の企画。

アンガーは1927年カリフォルニア州サンタモニカ生まれのドイツ系アメリカ人。
10代から超自然現象や儀式魔術に興味をもち、
アレイスター・クロウリーが説いたセレマの信奉者となり、オカルトへの探究心は
映像作家としてのライフワークともなる。

スコピオライジング02 (640x467).jpg 人造の水 (600x400).jpg

1940年代から映像制作を続け、ジャン・コクトーに賞され、
のちにはデレク・ジャーマンやデイヴィッド・リンチらにも影響を与えたアンガー。
本作は長年に渡り改訂が続けられ、1980年に完成、日本では1995年に初公開。
『人造の水』(’53)、『スコピオ・ライジング』(’63)、
『ラビッツ・ムーン』(’50)、『花火』(’47)など、興味深い作品群。
イメージが次から次に押し寄せる短編集は、脳が覚醒する。

ラビッツムーン (640x467).jpg 花火02 (640x467).jpg

1960年代にはロック・ミュージシャンとの交遊が盛んになり、
やがてはローリング・ストーンズ、後にマンソン・ファミリーの一員となるボビー・ボーソレイユとも
映像制作をしたアンガー。ミック・ジャガーとは『我が悪魔の兄弟の呪文』(’69)、
ボビー・ボーソレイユとは『ルシファー・ライジング』(’73)でコラボレイション、
今回は一気に観ることが叶う。
祈りが必要なこの時世、神に祈るか、悪魔に祈るか???

3月12日(金)よりアップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺、
アップリンク京都ほかにて全国順次公開


nice!(0)  コメント(0) 

『Mank/マンク』 [映画]

デイヴィッド・フィンチャーは決して
”FAVORITE”ではないが、多分、全作品を観ているはず。
観るたびに感じるのは、
「長すぎる、この話なら15分短くするほうが良いのに」ということ。
前作『ゴーン・ガール』から
6年ぶりの新作『Mank/マンク』をNetflixで観る。

”Mank"とは何だろうと思うが、
脚本家ハーマン・J・マンキウィッツの愛称とわかる。
アメリカ人は長い名前を呼ばない。
我々映画ファンにとり、マンキウィッツといえば、
『イヴの総て』(’50)などで知られる
ジョゼフ・L・マンキウィッツが浮かぶ。
ハーマンはジョゼフの12歳年上の兄であり、
演劇評論家から、ハリウッドの脚本家になった人物。
本作は1941年にオーソン・ウエルズが、マンクに
『市民ケーン』の脚本を依頼した時期を中心に、
回想シーンを多用した黒白映画。

マンク.jpeg マンク (2).jpeg

機知に富んだ弁舌で、
まわりの人たちに刺激を与えていたマンク。
正義感も持ちあわせている。
大物たちにも気に入られながら、
アルコール依存症も色濃く、
酒が入ると「口は災いのもと」にもなる男。
演じるのはゲイリー・オールドマン。
彼が20代の頃から演技を観ているが、
年をとるほどに良くなる役者って、こういう人なんだなあ・・・
容貌が地味なことが幸いし、
近年、誰を演じても”Gary Oldman"に見えない。
このキャスティング、大正解。

当時のハリウッドの裏側を垣間見るようなストーリーは、
シネマ・クラシックス・ファンには高揚感あり。
ウィリアム・R・ハーストに扮するチャールズ・ダンス、迫力満点。
「自分で作った罠にはまった鼠」と自らを揶揄したマンク、55歳の死は早すぎる。
そういえば、本作はあまり長いと感じなかった。
往年の映画ファンはぜひ、ご覧あれ。  

nice!(0)  コメント(0) 

『ホドロフスキーのサイコマジック』 [映画]

御年91歳であるアレハンドロ・ホドロフスキーは、
1970年代より、マニアックな映画ファンの間でカルト的支持を得ている映画作家。
近年でも『リアリティのダンス』『エンドレス・ポエトリー』など、
自伝的なアート・シネマを発表し続けている。

サイコマジック.jpg

ホドロフスキー監督・脚本・主演による本作は、
彼自身が”精神分析”という行為に対して、
考え出した心理療法”サイコマジック”についての映画。
言葉を使う”精神分析”とは逆に、
行動を起こすのが”サイコマジック”であるという。

サイコマジック③ .jpg

登場するのは、実際にホドロフスキーのもとに
悩みを打ち明けに来た10組の人々。
父親から虐待され自殺寸前まで追い込まれた男性、
自身の”女性性”と”男性性”に悩むチェロ奏者の女性。
結婚式の前日にスカイ・ダイヴァーのフィアンセが
自殺したという女性などなど・・・

サイコマジック② .jpg


”サイコマジック”の名のもとに、
次々に見せつけられる、常軌を逸脱した行為の数々。
ホドロフスキー映画を観なれた美加でさえ、
ここまでやるか!?と叫びたくなる!
「サイコマジックは無料、アートが人を癒せることを証明しようとしている。
自分のエゴを克服するのは不可能、飼い慣らせ!」と豪語する。
1990年代に彼が理論化した”サイコマジック”という手法を、
初めて映画化した、興味深い一作である。

オンライン先行公開中
https://uplink-co.square.site/psychomagic



[コピーライト]SATORI FILMS FRANCE 2019 [コピーライト]Pascal Montandon-Jodorowsky




nice!(0)  コメント(0) 

『海辺の映画館 キネマの玉手箱』 [映画]

大林宣彦監督が20年ぶりに故郷・尾道で撮影した
新作『海辺の映画館 キネマの玉手箱』がやってくる。

80歳を過ぎて、”ファンタスティックな反戦映画”という
new genreを確立した熱意と才覚に改めて脱帽!


海辺sub01_UMIBE_STILL (640x360).jpg

大林宜彦監督との出会いは15年近くまえだろうか。
『みちのく国際映画祭』の一環であるステージを依頼され、
盛岡で歌ったときであった。

客席に大林監督のお姿があり、
20代から作品のファンであった美加はドキドキ。

ご紹介にあずかり、「いい歌をありがとう」と
言葉をかけていただいたっけ・・・


★メイン_海辺_224009re (640x360).jpg

その後は我が倅や娘が作品に抜擢される
(『その日のまえに』主人公夫婦の長男役)など、

有難いおつきあいが続いてきた。最近は病と闘いながら、
さらに精力的に作品を発表する底力に感服するばかり。


海辺sub02_21631広島3人男 (640x360).jpg

閉館を迎えた海辺の映画館『瀬戸内キネマ』にやってきた
3人の若者に何が起こるのか?

江戸時代から太平洋戦争まで、
我々は何処まで殺戮の歴史を実感しているのだろうか?

終戦時11歳であった亡き我が父・巨泉も
「戦争だけは二度としてはいけない」と
孫たちに語っていたっけ・・・


海辺sub03_2340江戸時代3人女 (640x360).jpg

主演は『マヌケ先生』『あの、夏の日 とんでろ じいちゃん』などで
”天才子役”と謳われた厚木拓郎くん。

狂言回し的役どころの小林稔侍氏も魅力的!
売れっ子俳優たちのカメオ出演も多々。

戦争を知らない子どもたちよ!(美加の世代も然り!)
大林監督の”ファンタスティック反戦映画”を、
ぜひ真摯な心で観て欲しい!

[コピーライト]2020「海辺の映画館-キネマの玉手箱」製作委員会/PSC



nice!(0)  コメント(0) 

『ジュディ/虹の彼方に』 [映画]

ジュディ・ガーランド最晩年を描いた『ジュディ/虹の彼方に』で、
レニー・ゼルウィガーがジュディを演じると知り驚いた。

似ても似つかない面差しであるから。
レニーの歌唱力は『シカゴ』で知られているが、
甘い歌声はジュディとは正反対。

日本公開前にオスカー(主演女優賞)に輝き、
これは見届けなくては!


★Judy_main.jpg

レニーに喝采を贈りたい!
面長に細い目のレニーが、
逆三角形の顔に大きな瞳のジュディに見える瞬間多し!

これはヘア&メイクとアングルの効果としても、
あのスウィート・ヴォイスが
アクの強いジュディの声に聞こえてくる!

どれほどヴォイス・トレーニングしたのか、
想像がつかない。


Judy_sub3.jpg

最近レディ・ガガでリメイクされた
『スタア誕生』の1954年版で
オスカーを取れなかったジュディが、
さらに情緒不安定に陥り、

10代からの薬物摂取やアルコール依存で
壊れた身体に追い打ちをかけ、
結局47歳で生涯を閉じたことは有名。

確かに4作ある『スタア誕生』のなかで
最も魅力的なのはジュディがヒロインを演じた
ジョージ・キューカー版と信じるから悔しい。


Judy_sub1.jpg

ジュディのMGM時代のミュージカル映画の
数々を観てきた美加が、
最も注目したかったのはジュディのお辞儀の仕方。

少し恥ずかしそうな、ぎこちないお辞儀。
レニーのお辞儀には見られない。
美加は中年になったジュディを知らないからだろうか。

堂々と歌い、ぎこちなくお辞儀をしたジュディ。
珠玉のミュージカルのなかで、若いまま生き続ける。

3月6日(金)全国ロードショー
[コピーライト]Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019



nice!(0)  コメント(0)