SSブログ
前の10件 | -

”大橋美加のシネマフル・デイズ”No.214『コールガール』 [大橋美加のシネマフル・デイズ]

1971年 アメリカ映画 アラン・J・パクラ監督
『コールガール』(KLUTE)

ジェーン・フォンダがオスカー(主演女優賞)をとった一作である。
すでに大スターであった撮影当時33歳のジェーン、
それまでのブロンド・ビューティのイメージをチェンジし、
栗毛の段カット(オオカミカットと言ったっけ!)で登場する。

女優志望ながらコールガールとしてニューヨークで生きるブリーと、
地方出身である私立探偵の人生が交差してゆく。
原題は、ドナルド・サザーランド扮する探偵ジョン・クルートの名字。
美加なら”BRIE AND JOHN”よろしく、二人の名前にしたい。

コールガール (2)_edited.jpg コールガール.jpg

長身でちょっと
エキセントリックな役が似合う面差しの
D.サザーランドは、
R.アルドリッチ『特攻大作戦』(’67)、
R.アルトマン『M★A★S★H』(’70)など、
オトコの群像劇で実力と個性を示してきた名脇役。
本作あたりから、セカンド・ロール級に上昇してきた感あり。

確かにこのクルート役、
単なるハンサム・ガイではつまらない。
おとなしそうに見えて、
ぎょろりとした碧眼に狂気を孕むサザーランドの真骨頂発揮!

今回、何十年ぶりかで観なおしたが、
若いころ観たときより、
味のある映画だなあと再認識。
1980年代以降に増えていった
”官能サスペンス”とでも呼べるジャンルの
はしり的一作かなとも感じる。
されど、
終始ノーブラらしきジェーン・フォンダのいで立ちには、
限りなく’70年代を回想するよなあ!

nice!(0)  コメント(0) 

炎天や鬼の唸りのやうな声  魅歌 [日記・雑感]

ウォーキングに出たが、
あまりの暑さに一万歩達成まえに帰宅してしまった。
こんなことは珍しい。
昼過ぎになり、続々と若者句会のメンバーが来訪。
三階のスペース、窓を開け放しエアコンをつけるも、
暑さおさまらず!

DSC_0458.JPG

参加者と記念撮影。
左より、史、ふしぎ、魅歌、紫織、一哉、石垣、康友。
不在投句二名、計二十七句。
皆、感性豊かな若者、そして映画好き。
兼題は『ラヴロマンス』+季語、席題『炎』-炎天、炎昼など季題使用可。

DSC_0447.JPG

大昔に友人より贈られた砥部焼の花瓶に盛った裏庭の紫陽花。
句会のメンバー、生徒たち、
本日我が家に来訪した人たちは多いが、
倅以外、誰も気づかない様子。
なにも感じないほどの暑さだものね!

DSC_0460.JPG

生徒たちのレッスン、句会が終わり、
我がパートナーと二人きりになった頃、
松山のシンガー&俳人である薫里より、
今年も桃が届く。感謝。
長女夫婦、倅、我が子らを育ててくれた
じいちゃん・ばあちゃんにお裾分けしようっと!
それにしても異常な猛暑、どうぞ皆さま、ご自愛くださいね!  

nice!(0)  コメント(0) 

”大橋美加のシネマフル・デイズ”No.213『荒野の決闘』 [大橋美加のシネマフル・デイズ]

1946年 アメリカ映画 ジョン・フォード監督『荒野の決闘』
(My Darling Clementine )

西部劇は男の世界ゆえ、恋愛は添え花のはず。
本作は、その意味合いに於いて、ジョン・フォードの西部劇のうち異色の一作かも。
ワイアット・アープとドク・ホリデイを題材にした映画のなかでも雰囲気が異なる。

ワイアット・アープにヘンリー・フォンダ、
ドク・ホリデイにヴィクター・マチュアは文句ないが、
ヒーローを演じてきたスターのフォンダより、
最も映画ファンに馴染む役が本作というマチュアのほうが目立つのも面白い。
保安官アープが地味に見える。なに、この純情ぶり?

OK.jpg OK (2).jpg

女性陣も然り。
原題に祀られている”クレメンタイン”に扮するキャシー・ダウンズは清楚だが色香皆無。
酒場の歌手に扮したリンダ・ダーネルのほうが数段、味がある。
身を持ち崩した者は、真っ当に生きてきた者に対して、犠牲的存在として描かれる。
それが、観客に支持されていた時代なんだろうなあ・・・

されど、撮影はすごい。やはり、フォード作品はこうでなくっちゃ!
馬上のアクション、OK牧場の決闘シーンの潔さには只々、無言になる。
悪党一家の親爺に扮するのは、達者なウォルター・ブレナン。
ムード・メイカー的な役どころに定評があった人だが、こういう懲りない役も巧いなあ!

そうそう、ヴィクター・マチュアに似ている医師を知っている。
今度お会いしたら、”ドク・ホリデイ!”と呼んじゃおうかな・・・


nice!(0)  コメント(0) 

『SUNDAY JAM’s CLUB』 [日記・雑感]

どんよりした空の下、東中野方面へウォーキング。
先日の『MZES TOKYO』ライヴを聴きに来てくれた
イラストレイター”月待船”より紹介されたカフェ『SUNDAY JAM’s CLUB』へ。
 
丸2年以上ブランチのみの外食であるが、これもなかなか楽しい。
当店はまず、午前11時オープンが嬉しい。
朝はフルーツと豆乳・青汁をミキサーにかけたドリンクゆえ、お腹が空くのだ。
 
DSC_0453.JPG DSC_0454.JPG
 
ランチ・メニューは3種類。
肉が苦手な美加のチョイスは鯖のジェノヴェーゼ。
青背の魚は大好きであるが、この鯖には大満足!
厚みがあり、脂ものっているのに全く胃にもたれない。
付け合わせにも工夫を凝らしている様子。
カレー風味のスープは根菜たっぷりで、
塩分・油分が抑えられ、こちらも文句なし!
 
DSC_0449.JPG DSC_0450.JPG
 
「ご飯の炊きかたが最高にいいね、
     シェフは和食で修業したひとでは?」と我がパートナー。
確かにそうかも!店内は冷房がきつくなく、
窓を開けて換気がされ居心地が良い。
アクリル板さえ設置されていれば夜も来たいところだが、
暫くはブランチのリピーターになるかな!

nice!(0)  コメント(0) 

”大橋美加&Gemstones vol.35” at 赤坂『MZES TOKYO』 [Live]

”大橋美加&Gemstones”復活第一弾!
我が門下生たちとのコラボ・ライヴ、コロナ禍により2年ぶりの開催!
共演は守屋純子(P) 池田聡(B)井上真樹(Vo)Nao(Vo) 

VID_20220619_164938686_Moment.jpg

大盛況のうちに、無事に終了、集合写真をご覧ください!

IMG_20220619_173447106.jpg

左から、守屋純子(P)、下町のスウィング・ガール20代のNao
(”Spesk Low””Born to be Blue”他4曲)
美加、才色兼備の住まいアドヴァイザー井上真樹
(”酒とバラの日々””Cry Me A River”他4曲)、
池田聡(B)の面々。

美加はリクエスト、アンコール含め、13曲をお贈りしました!
ご来場くださったお客様、遠い町から生配信で観てくださったかた、
心より御礼を申し上げます。
次回は8月28日(日)午後3時開演、どうぞお心に留め置きくださいね!

nice!(0)  コメント(0) 

"大橋美加のシネマフル・デイズ”No.212『小間使の日記』 [大橋美加のシネマフル・デイズ]

1964年 フランス・イタリア合作映画 ルイス・ブニュエル監督『小間使の日記』
(Le journal d'une femme de chambre )

少女の腿に這うカタツムリ。
女性用ブーツを抱いて死んだ老人。
ブニュエル・ワールドが炸裂する、モノクローム作品である。

ブニュエルは我が映画人生に欠かせない作家であり、
我がパートナーともども大ファン。
24~25作は観ているはずだが、
まずは”カ”の項で『哀しみのトリスターナ』(’69)、
”キ”の項で『銀河』(’68)を紹介したので参照して欲しい。
ご本人にはお会い出来なかったが、
どのみち質問になど答える気がない、
筋金入りのアーティスト。
著書『INTERVIEW ルイス・ブニュエル 公開禁止令』をご一読あれ。

小間使いの日記 (2).jpg 小間使いの日記.jpg

ジャンヌ・モローの大人のエロティシズムに魅了される本作は、
車窓に流れる田園風景から始まる。
パリからやってきた、モロー扮する32歳のセレスティーヌは、
不感症の中年女当主、精力絶倫の婿、
そして”靴フェチ”の老父が暮らす邸に小間使いとして奉公することに。
屈折した家族のそれぞれを観察しながら、
不敵にかわしていくセレスティーヌ。
そのうち、世慣れした彼女の人生を変える、
陰惨な事件が起こる・・・

愛国者の名を借りて歪んだ欲望を満たそうとする人間が、
きっと存在した時代なのだろう。
シリアスな悲劇のプロットをお涙頂戴に強調せず、
フェティシズムのほうを際立たせるブニュエル。
絶倫婿に扮したミシェル・ピッコリが、
老女のメイドとまで懇ろになりたがるくだりも嗤える。

大きなビスケットをかじりながら振り向く
ジャンヌ・モローの表情が忘れられない。
  

nice!(0)  コメント(0) 

”大橋美加のシネマフル・デイズ”No.211『コレクター』 [大橋美加のシネマフル・デイズ]

1965年 イギリス・アメリカ合作映画 ウィリアム・ワイラー監督『コレクター』
(The Collector)
 
”コ”から始まる手持ちのDVD作品を観なおしていこう。
意外に多く80作ほどあり、まずは本作を手に取る。
1970年代後半、10代であった美加のまわりには、
映画の魅力を教えてくれる”大人”が何人かいた。
「美加ちゃん、テレンス・スタンプ、知っている?」と
けだるい眼差しで訊いた9歳年上の男性。
今おもえばバイ・セクシャルだったのかなあ。不思議な美男子だった。
 
鮮やかな黄緑色の草原で蝶を捕まえる青年。
テレンス・スタンプの碧眼が妖しくきらめく。
地下室のある古い屋敷を見つける青年。
そして、次に彼が”収集”し始めるのは・・・
 
コレクター.jpg コレクター (2).jpg
 
密かに想いをつのらせていた美大生を拉致する青年。
ターゲットに扮するサマンサ・エッガーが
美人すぎないところが生々しい。
初めて観たときは、すっかり彼女の立場になり、
恐怖と絶望に苛まれたっけ・・・
 
久々に観なおし、あたかも
戯曲のような脚色を演じきった
二人の俳優の熱演以外にも、
サイコ・スリラーというより、
寓話性を強く感じた。
価値観の違う男と女の、
永遠に不毛な駆け引き。
 
折しも、現代の20代男女の
恋愛経験率の少なさに関する
報道を見たばかりであり、
コミュニケイションが
必須項目でない若者たちへの
心配がつのってしまった。
 
ちなみにテレンス・スタンプは御年83歳、
妖しくカッコイイ俳優であり続けている。
 

nice!(0)  コメント(0) 

四葩咲く記憶の淵に凭れをり 魅歌 [日記・雑感]

四葩(よひら)は俳諧に云うところの紫陽花の別称。
近年は花びらが四枚ではない種類も増えたが、
ほら、この大きな紫陽花は昔ながらの四葩!
瀬川昌久先生のご遺族から贈られたメモリアル・グッズと、
清々しくマッチ。

DSC_0432.JPG

昨日の句会の折、俳句仲間の自宅の庭の紫陽花群を
ZOOMで見せて貰い、羨ましがったばかりなのだが、
我が家の裏庭にも、こんなに立派な紫陽花の木があったのだ!

26年前に我がパートナーと二人で引き戸(ドアではない!)の古家を購入した際、
濡れ縁に面した裏庭には、月桂樹、花蘇芳などの木々があったと記憶している。

DSC_0430.JPG

古家に3年ほど住んでから新築し、23年。
濡れ縁は出窓に変わり、
裏庭であった部分はとても狭くなり、殆ど封印状態にあった。
帰宅時に「ああ、裏に紫陽花が咲いているなあ・・・」と気づいてはいたが、
何となんと、お隣の敷地内と思い込んでいた!オメデタイでしょう?
本日、ひょんなことから窓下に紫陽花を見つけ、
「あれ?我が家のプロパティに咲いていたんだあああああ!」と仰天。
我がパートナーにぐる~っと裏に回って剪定して貰った次第。

DSC_0433.JPG

大輪の花を眺めていると、家を造り、家族を築き、
必死で仕事をしてきた年月が脳裏をよぎる。
そして、何だか豊かな気持ちが湧き上がってくる。

これからは毎年、裏庭の四葩をリヴィングルームに飾れるかと思うと、
ささやかな愉しみがひとつ、増えたぞ~!

nice!(0)  コメント(0) 

『第二十回 桃ケ丘リモート句会』 [日記・雑感]

日曜日は二十回を数える『桃が丘リモート句会』
兼題は先月、初の吟行で出題された
『薔薇』:幸人 『裸足』:哉 以上各一句ずつ、当季雑詠二句、計四句提出。
参加者をご紹介しましょう。
 
2022-06-12 (6)_edited.jpg
 
上段左から
流樹-根性のワーキング・マザー俳人。
魅歌-呑ん兵衛のジャズ・シンガー。
の~じ~-ジャズ&シネマ・ファン。
 
中段左から
みどり-謎の俳人。”CAT PERSON”らしい。
洋子-短歌の世界から俳句の世界へ。
ねぼけ猫-有名広告代理店コピー・ライター。
 
下段左から
一哉-12歳にして夏井いつき組長とテレビ共演経験ありの26歳講師。
裕家-有名教材会社を経て句作りを楽しむ。
 
不在投句
幸人-日々、フォト俳句をSNSに掲載のフォトグラファー。
薫里-ジャズを愛する松山の妖精。
 
DSC_0426.JPG
 
本日の一句
 
全身で香りをくぐる薔薇の門 みどり
 
薔薇の庭ほめられ天に報告す 薫里(不在)
 
回廊に跣足吸い付く古刹かな ねぼけ猫
 
ふと見れば父に似ている裸足かな の~じ~
 
窓を開け今日の天気と額の花 流樹
 
砂浜や化石にならぬ裸足跡 裕家
 
梅雨寒やまだ円安が続きおり 洋子
 
素足組む見られてゐると知りながら 魅歌
 
*一哉の添削後の句を含む
 
次回は7月31日(日)午後1時スタート、参加してみたいかた、どうぞご一報くださいね!

nice!(0)  コメント(0) 

"大橋美加のシネマフル・デイズ”No.210『けんかえれじい』 [大橋美加のシネマフル・デイズ]

1966年 日本映画 鈴木清順監督
 
『ツィゴイネルワイゼン』(’80)にハマり、
鈴木清順に興味を持った。
商業映画を作ってきたひととは思えない、
アヴァンギャルドな作品であったから。
その後の清順作品は観てゆくようになるのだが、
日活時代の作品としては、本作が初めてだったかも。
 
昭和初期の岡山、
喧嘩に明け暮れる10代の麒六(キロク)の青春が描かれる。
演じるのは21~22歳の高橋英樹、
まさに大熱演。
スラプスティック・コメディよろしく、
繰り返されるドタバタ。
こいつら心底おバカなのかと呆れるうち、
ああ、性的抑制剤でもあるのねと嗤う。男子は大変だ。
 
けんかえれじい.jpg けんかえれじい (2).jpg
 
”画”の作り方が面白い。
当時、寺山修司の実験映画はなかり観ていたが、
似ているようで違う。
実体とまぼろしがパラレル・ワールドで隣接しているような、不確かさ。
いやあ、この時代からアート系でしょう、鈴木清順!
「つかめるものは何もない」とぶつけてくる、やるせなさが痛い。
英樹、あの”ピアノ凌辱シーン”は、何を考えて演じたのだろう!?
 
悲劇のヒロイン・道子に扮するのは、
我が継母・浅野順子(当時の芸名)。
美加のインタヴュー(笑)に、
「当時は高校生で、ショート・ヘアだったから、あの長い髪は付け毛。
    監督は変わったかただなあと思った」と語ってくれたっけ。
 
”ケ”から始まる手持ちのDVDは本作で終わりとし、
次回は”コ”から始まる作品を観なおしていきたい。
これが意外に多く80作ほどあり、さあ、どれを選ぼうか・・・

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -