SSブログ
前の10件 | -

”大橋美加のシネマフル・デイズ”No.224『恋の手ほどき』 [大橋美加のシネマフル・デイズ]

1958年 アメリカ映画 ヴィンセント・ミネリ監督
(GIGI)

嘗て”花嫁修業”という言葉があったっけ。
でも、”愛人修業”なんて聞いたことないなあ!
仏・米ハーフでありバレリーナ出身、
’50年代のハリウッド・ミュージカルで重宝されたレスリー・キャロンが、
20代後半にさしかかりながら、
コレット原作の15歳のヒロイン・ジジに扮する。

モーリス・シュヴァリエがフランス語訛のアクセントで歌い出す滑り出し。
甥のルイ・ジュールダンともに、
新鮮なアフェアを求める富豪である。
時は1900年のパリ。
花嫁より愛人を所望する殿方に相対するのは・・・?

恋の手ほどき (3).jpg 恋の手ほどき (2).jpg

赤の壁紙に赤の家具が並ぶアパートメントに、
祖母と母と暮らすジジ。
女系一家に追い打ちをかけるのは
嘗ての美女・大叔母の存在。
男性不在のこの一家、どうやら我が国でいえば
”花街の母”の世界かなとわかってくる。
33歳のプレイボーイと15歳の花街娘、最後に笑う者は?

恋の手ほどき.jpg

久々に観なおし、レスリーの演技に
ジュディ・ガーランドの影響を感じた。
ミュージカル化にはコミカルな味を出せる女優が不可欠であり、
なにしろ監督はジュディの夫君であったヴィンセント・ミネリ。
フェミニストが憤慨しそうなストーリーも、
無難にオブラートでくるまれている。

パリを舞台に仕立てられたミュージカルは
同じくレスリーがジーン・ケリーと共演した『巴里のアメリカ人』(’51)
ケリーが三人の美女と相まみえる、『羅生門』をモチーフにした『魅惑の巴里』(57’)
フランク・シナトラ、シャーリー・マックレーンに、ジュールダンが絡む『カンカン』(’60)など、
衣裳やプロダクション・デザインも十分に楽しめる。
どうぞご覧あれ!

nice!(0)  コメント(0) 

トマトの酸味ピザのうえ弾けをり 魅歌 [日記・雑感]

お気に入りの一店『葡萄房』に久しぶりに訪れる。
外食はランチのみ、開店と同時のみと決めて二年余。
これはこれで佳し。

DSC_0547.JPG DSC_0548.JPG DSC_0546.JPG

プリプリ海老と茸たっぷりのピザは、
トマトの酸味がポイント。
ガーリックをふんだんに効かせた
ボンゴレも絶品。
当店の料理は塩分控えめ、
ランチに付くサラダも然り。
小瓶のビールもよく冷えていて、
言うことなし!

HORIZON_0001_BURST20220802113114032_COVER.JPG DSC_0545.JPG HORIZON_0001_BURST20220802121506469_COVER.JPG

アップライト・ピアノがあり、
コロナ禍以前は定期的にライヴも行われていた。
当店は長女の瑠奈の母校である
都立富士高校の先をくねくね入ったあたり。
我が家から歩くとかなりの歩数になるため、
ホームセンターに用事のある際に
我がパートナーの運転で行くことが多い。

そうそう、我が家のささやかな前庭を改造中。
力仕事120%NGの美加、
すこし砂利をひろげるだけで、ばてる。
ガーデニングなんて命がけみたい!!!!!

nice!(0)  コメント(0) 

"大橋美加のシネマフル・デイズ”No.223『好色一代男』 [大橋美加のシネマフル・デイズ]

1961年 日本映画 増村保造監督
『好色一代男』
 
井原西鶴の原作を市川雷蔵が演じる。
細面に華奢な体つき、
口を開ければ”おなご”を誉めそやす軽口ばかりの
大店のぼんぼん世之介。
 
けちん坊の父親に女中同然の使われかたをしている地味な母親。
この両親で、まともな息子に育つはずがないと、世之介に同情票あり。
「おなごたちには、おかんのようになって欲しくない、おなごは大事にせなあかん」
遊女から人妻まで、目に入る女は口説かずにいられない世之介。何処まで本気?
意外に厭味のない雷蔵の演技のお陰で、ヒョイヒョイと進む物語。
 
 好色一代男 (2).jpg好色一代男.jpg
 
水谷良重、中村玉緒、そして増村監督のミューズであった
若尾文子などなど、
衣擦れの音とともに、喘ぐ女たち。
女を愛することを生きがいとしながら、
世之介に愛された女たちには常に死の影がつきまとう皮肉。
殊に、藤原礼子が扮した浪人の後家・お梶の
狂乱シーンに於ける性愛への執着は見どころ。
 
ブラック・ユーモア満載の悲喜こもごも、
ハッピー・エンディングのないことが見え始め、
赤い腰巻をなびかせての出奔と相成る。
人間同士の色事に飽いた末、
お次は人魚と契るかと想像を駆られるラストも可笑しい。

nice!(0)  コメント(0) 

第二十一回『桃が丘リモート句会』 [日記・雑感]

日曜日は『桃が丘リモート句会』
コロナ禍でZOOM使用となり、もう21回目とは!
兼題『夏の空』:流樹 『月見草・待宵草』:洋子 各一句ずつ、
当季雑詠二句、計四句提出。
参加者をご紹介しましょう!

2022-07-31 .jpg

上段左より
洋子-短歌の世界から俳句の世界へ。厨俳句の名手か?
魅歌-呑ん兵衛のジャズ・シンガー。
の~じ~-ジャズ&映画ファン。

中段左より
流樹-根性のワーキング・マザー俳人。
一哉-弱冠12歳で夏井いつき組長とTV共演経験ありの26歳講師。
枕流-中国故事を俳号にもつ音楽ファン。

下段左より
ねぼけ猫-有名広告代理店コピー・ライター。
あみ-西洋占星術師&シンガーの京美人。
裕家-有名教材会社を経て句作りを楽しむ。

不在投句
みどり-謎の俳人。”Cat Person”らしい。
月待船-”ゴールデン街の眠り姫”の異名をもつイラストレイター。

DSC_0542.JPG

本日の一句

緑内障診断下りて月見草 洋子

山の名をよく知る人や夏の空 ねぼけ猫

絵日記の幹をはみ出すかぶと虫 みどり(不在)

夏空に無声映画の機影かな 裕家

パーマ屋さん窓の隙間に夏の空 あみ

猛暑日の午後や歯医者の予約あり の~じ~

合宿へ向かう学生陽炎へり 流樹

月見草今宵限りの逢瀬かな 枕流

誕生日娘の香水あたらしき 月待船(不在)

月見草引き戸の在りし家の前 魅歌

(一哉の添削後の句含む)

次回は8月21日(日)午後1時スタート、
参加してみたいかた、大歓迎!
ご一報くださいね!

nice!(0)  コメント(0) 

鰺鮨や酒のおかわり躊躇する 魅歌 [日記・雑感]

久々に我がパートナーの運転で、水辺のショッピング・センターへ。
そうか、ばあちゃん(義母)の誕生日プレゼントを探しに来たきりだから、約5ヶ月ぶり?
水彩画のような空の下、ショート・トリップ気分!

DSC_0534.JPG

すっかり緑一色となった藤棚の小径に、木洩れ陽が模様を描いている。
ちょっとリゾート地みたいな写真でしょう?
歩くうち、あれ?此処なに?という一画に。
よく観て!盛り上がっているでしょう?
意味不明ということはアートかなと判断。

DSC_0535.JPG DSC_0536.JPG

気に入っている寿司店に開店一番乗りし、ランチと冷酒を一合ほどいただく。
今夏のメニューらしき鰺寿司も余計に注文。
梅が利いていて、ポン酒のおかわりをしたくなるが、我慢がまん!
ランチはワインならグラス一杯、ポン酒は一合弱と決めている。

DSC_0533.JPG DSC_0530.jpg

がっかりしたのは、寿司ネタと天婦羅の海老。
コスト・ダウンのためか、サイズや種類がクオリティ・ダウンとなっている。
我々は普段から、食材はその日に”REASONABLE”な店を選んで購入するため
さして物価高を感じずにいたのだが、お仕着せの品に変化が見えるのは淋しい。

鰺寿司から元気を貰い、美加は”REASONABLE”で素敵なデザインのサンダル、
我がパートナーはサマー・シャツ2枚をゲット。
サイズや色が現場にない場合、無料配送してくれるというシステムも初めて知ったぞ~!

nice!(0)  コメント(0) 

廃屋の枝振りの佳き百日紅 魅歌 [日記・雑感]

素晴らしい百日紅を見つける。
翼をひろげているような枝振り。
字面どおり、三ヶ月以上は楽しめる花。

DSC_0529.JPG

DSC_0526.JPG

長女の瑠奈の夫であるSHUちゃんの山口県の実家より、
絶品のピオーネが届く。
人呼んで”黒い真珠”とのこと。
巨峰よりアクが無く、コクと芳香は遜色のない逸品。感謝!

DSC_0527.JPG  DSC_0523.JPG
毎年、山口県から様々な美味しい品をいただき、
まるで美加がお嫁さんになったみたいな気分である。
大呑ん兵衛の我々夫婦と異なり、どちらかと言えば甘党(?)である先方。
我が地元からお返しできるのは・・・

 DSC_0537.JPG


今は亡き料理記者・岸朝子氏の著書にも掲載されている、
中野の栗饅頭・栗最中店『こげつ堂』の和菓子!
本日、郵送をお願いした。
コロナ禍になり暫くお会いできないが、喜んでいただけるといいなあ・・・

nice!(0)  コメント(0) 

"大橋美加のシネマフル・デイズ”No.222『コッポラの胡蝶の夢』 [大橋美加のシネマフル・デイズ]

2007年 米・独・伊・仏・ルーマニア合作映画
フランシス・フォード・コッポラ監督
(Youth Without Youth)
 
幻想譚という謳い文句を見るにつけ心惹かれるが、
映像化となると苦労の種に違いない。
フランシス・F・コッポラが8年間映画製作をせず、
66歳にして欲求不満に苛まれていたときに出会った
このうえなく幻想的な物語である本作の原作は、
世界的な宗教学者ミルチャ・エリアーデによるもの。
 
コッポラの胡蝶の夢 (3).jpg コッポラの胡蝶の夢 (2).jpg
 
人間にとって永遠の願望とも呼ぶべき出来事が、或る男に降りかかる。
悲劇のあとの余りに唐突な変化に、男の運命は動かされてゆく。
主人公ドミニクに扮するのは、演技派ティム・ロス。
小柄な体躯に面長、くぼんだ目元、
エキセントリックな役柄が似合うこの名優は、
あっという間に観客を”幻想譚”に引きずり込む。
人は何処から来て、何処へ向かうのか。
私たちの人生の真の意味とは?
 
コッポラの胡蝶の夢.jpg
 
CGを押し出しすぎるとSFの印象が濃くなり、
力み過ぎるとホラーまがいにもなりがちな題材を、
抑制を効かせた演出で仕上げたコッポラ。
 
『ゴッド・ファーザー』(’72)の栄光を持ち出すまでもない立場でありながら、
資金繰りせずに自作を自費で作りあげるインディーズ精神に立ち還ったことに拍手!
美加がコッポラを見直した、渾身の一作である。
 

nice!(0)  コメント(0) 

”大橋美加のシネマフル・デイズ”No.221『恋人たちの食卓』 [大橋美加のシネマフル・デイズ]

1994年 台湾映画 アン・リー監督
(Eat Drink Man Woman)
 
これだけ豪華な料理がひしめき合いながら、
”グルメ映画”とは呼び捨てられない一作。
アジア人でオスカー(監督賞)を二度も受賞した数少ない映画監督である
アン・リー初期の”父親三部作”の最後を飾る力作。
 
冒頭の数分は、目を凝らして観て欲しい。
グルメであった亡き父・巨泉のお陰で、様々な有名中華料理店を知る美加であるが、
厨房内に入ったことはない。
本作のファースト・シーン、お見逃しなく!
 
恋人たちの食卓 (3).jpg 恋人たちの食卓 (2).jpg
 
生真面目な長女、勝気な次女、甘えん坊の三女を抱える、
嘗て五つ星ホテルのシェフであったやもめの父親に扮するのは、
三部作を通じて演じきる名優ラン・シャン。
それぞれの恋に悩む三姉妹を御しきれず、旧友にこぼす父のひとこと。
「ひとは食欲と性欲に一生振りまわされるのさ」 含蓄あるお言葉!
恋人たちの食卓.jpg
 
アン・リー監督は中国料理の美学を伝えたい熱意とともに、
命をいただく”食”と、心を砕く”愛”を人生の二大イヴェントとして並べたのだろうな。
心に身体に、美味しいものを求め続けなければ佳き人生は送れない。
目でお腹は一杯に、心はシャキッとする映画!

nice!(0)  コメント(0) 

”大橋美加のシネマフル・デイズ”No.220『5時から7時までのクレオ』 [大橋美加のシネマフル・デイズ]

1962年 フランス・イタリア合作映画 アニエス・ヴァルダ監督
(Cléo de 5 à 7) 
 
アニエス・ヴァルダは、我が人生に多大な影響を与えてくれた偉大なる映画作家のひとり。
80歳を過ぎてからもチャレンジ精神に満ちた作品を発表しつづけ、
2019年に91歳の誕生日を迎えるまえに、惜しまれつつ他界した。
 
5時から7時までのクレオ.jpg 
 
ファースト・シーンはカラー!
クロスの掛かったテーブルの俯瞰に、タロット・カードが並べられていく。
女占い師と、若いヒロインであるクレオの手がカードのうえを交差し、
パッとカメラが切り替わると、
モノクロームで痩せぎすの老女の顔が映し出され、ドキッ!
 観客は魔女の顔を見てしまったような気分になる。アニエス、お見事!
 
5時から7時までのクレオ (2).jpg
 
歌手であるらしいクレオは検査結果に怯えている。
2時間後に、がんを宣告されるかも知れないのだ。
午後5時から、分刻みのドラマが進んでゆく・・・
 
気味の悪い大道芸人たち、カフェの人々など、
アニエス作品を貫く実験的な要素も散りばめられ、
いつしかヒロインとともに、パリの街を彷徨うことになる。
 
5時から7時までのクレオ (3).jpg
 
音楽担当の若きミシェル・ルグランが出演も兼ね、
インプロヴィゼイションとおぼしき演奏や歌を聴かせてくれるのは、
音楽ファン必見のエピソードである!

nice!(0)  コメント(0) 

ハイビスカス柄埋め尽くし旅の夢 魅歌 [日記・雑感]

家庭的ではない美加であるが、裁縫の真似ごとだけは好き。
亡き最愛の祖母が洋裁が得意であり、幼いころからミシンを習っていたから。

地元の手芸用品店が閉店セールとなり、超お買い得な生地が出たので、
譜面や原稿を書いたり、空を眺めてワインを飲んだりする
ささやかなサンルームを模様替えした。ハイビスカス柄で、南の島へ行った気分!

HORIZON_0001_BURST20220715151118456_COVER.JPG HORIZON_0001_BURST20220714122817609_COVER.JPG

ハイビスカスと呼びたい花を、この時節はよく見かける。
アオイ科フヨウ属の花は種類が多いらしく、
花びらや葉の形もまちまちであり、見分けは難しい。
鉢植えで売られているのはハイビスカスよね?

DSC_0515.JPG DSC_0514.JPG

長年に渡り歌を聴いていただいているジャズ・ファンのミネリンから桃が届く。
うっとりするような香りが、我が家の小さな玄関にひろがる。感謝!
茨城のライヴハウスで知り合ったおかただが、現在は東北在住ゆえ、
都内のライヴで再会できるのは、もうすこし先かなあ・・・
あたたかい心遣いに癒されるひとときである。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -