So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

第二十三回『港ーマス句会』 [日記・雑感]

日曜日は表参道『港ーマス句会』
講師は屍派代表 北大路翼、
司会進行は大橋美加。

兼題『白鳥』:路傍司『雪解』:みつえ 
席題『春一番』:白熊佐愉

出席者10名、不在投句2名、計62句が集まりました!

3656.jpg

前列左よりコピーライターのねぼけ猫、翼、の~じ~、
後列左よりCAT PERSON白熊佐愉、魅歌、短歌出身の洋子、

みどり、裕家の面々。月待船と幸人は句会のみで早退。恵は遅刻参加。

KC4F40700001.jpg KC4F40710001.jpg

打ち上げには白熊佐愉の差し入れ地酒もあり、盛り上がりましたよ!

注目の一句

寒明の蛇口の歌ふ朝かな みどり

落ちてなお空を見ている寒椿 白熊佐愉

大白鳥舞って大空粒になる 幸人

ロシアより来し大白鳥着水す の~じ~

白鳥の喉の長さを餌の落つ 翼

小物買う雪解雫の軒の下 魅歌

次回は3月15日(日)午後1時30分開始、初心者大歓迎です!

nice!(0)  コメント(0) 

『ジュディ/虹の彼方に』 [映画]

ジュディ・ガーランド最晩年を描いた『ジュディ/虹の彼方に』で、
レニー・ゼルウィガーがジュディを演じると知り驚いた。

似ても似つかない面差しであるから。
レニーの歌唱力は『シカゴ』で知られているが、
甘い歌声はジュディとは正反対。

日本公開前にオスカー(主演女優賞)に輝き、
これは見届けなくては!


★Judy_main.jpg

レニーに喝采を贈りたい!
面長に細い目のレニーが、
逆三角形の顔に大きな瞳のジュディに見える瞬間多し!

これはヘア&メイクとアングルの効果としても、
あのスウィート・ヴォイスが
アクの強いジュディの声に聞こえてくる!

どれほどヴォイス・トレーニングしたのか、
想像がつかない。


Judy_sub3.jpg

最近レディ・ガガでリメイクされた
『スタア誕生』の1954年版で
オスカーを取れなかったジュディが、
さらに情緒不安定に陥り、

10代からの薬物摂取やアルコール依存で
壊れた身体に追い打ちをかけ、
結局47歳で生涯を閉じたことは有名。

確かに4作ある『スタア誕生』のなかで
最も魅力的なのはジュディがヒロインを演じた
ジョージ・キューカー版と信じるから悔しい。


Judy_sub1.jpg

ジュディのMGM時代のミュージカル映画の
数々を観てきた美加が、
最も注目したかったのはジュディのお辞儀の仕方。

少し恥ずかしそうな、ぎこちないお辞儀。
レニーのお辞儀には見られない。
美加は中年になったジュディを知らないからだろうか。

堂々と歌い、ぎこちなくお辞儀をしたジュディ。
珠玉のミュージカルのなかで、若いまま生き続ける。

3月6日(金)全国ロードショー
[コピーライト]Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019



nice!(0)  コメント(0) 

ギャラリー『meee』 [日記・雑感]

金曜日は歯科検診で早起きし、ウォーキング。
ジャズ・ドラマーでもある地元のDent.K に
検診していただき、通り道のギャラリー『meee』で立ち止まります。

我がパートナーが「グループ展、やっているみたいだよ」と・・・

KC4F40640001.jpg KC4F40650001.jpg KC4F40660001.jpg

女子美の学生である西野春花の作品は、
ビアズリーを想わせる線画。

干支を題材にした円形の作品は欲しくなる!
「真ん中に鏡を入れて、飾りたい!販売はしないのですか?」と美加。

「販売はしていません」と春花氏。
う~ん、残念!でもでも、今後の活躍に期待していますよ!

#西野春花
http://www.meee.jp/#about
https://www.instagram.com/haru._.art/?hl=ja




nice!(0)  コメント(0) 

『アート石井』レッスン [日記・雑感]

木曜日もまずはウォーキングへ。
『梅里公園』で白梅・紅梅・枝垂梅を鑑賞。

これは、一本の樹に白とピンク色の花が咲く
”思いのまま”という名の梅だそう。


IMG_20200220_131137916_HDR (480x640).jpg KC4F40580001.jpg KC4F40590001.jpg

昨年、偶然みつけたこの公園。
ちいさい子を連れて梅見ランチのママたちも。

さあ、一時帰宅して、本所吾妻橋『アート石井』へ。

KC4F18430001.jpg

生徒たちのレッスンを終えて帰途につきます。
宵となるとまだまだ寒い!

もう少し暖かくなれば、
下町の公園も歩けるのになあ・・・

そろそろ”春隣”という
季語を使いたくなって来ました。

nice!(0)  コメント(0) 

浅き春アールブリュットから貰う色 魅歌 [日記・雑感]

毎年、地元・中野で開催されている『アールブリュット展』
アートだいすきの美加にとっては嬉しいこと。

KC4F40490001.jpg KC4F40500001.jpg

街なかにも展示されていますが、
中野ブロードウェイ4階『GALLERY リトルハイ』では
落ち着いて鑑賞できます。

水ノ上茉優氏のペン画のカラフルな色彩に惹かれます。
細密な色の配列にも自作への愛情を感じられる作品群。

河童、鸚哥、寿司などなど”サイケデリック”という言葉を
想い起こします。1993年生まれとのこと。


KC4F40530001.jpg KC4F40540001.jpg

同じフロアのブティック『pays des fees 』には
清水麻里氏による幻想的な調度品が飾られて居り、これまた美加好み。

グロテスクと美が混在し、個展があるなら観てみたい。
オリジナル・プリントで縫製された製品もメルヘンティック。

う~ん、30年若返れたら着たい服。人混みが嫌いなため、
なかなか来ないブロードウェイだが、

めっけものあるのよね・・・

nice!(0)  コメント(0) 

梅匂わず病蔓延してをりぬ 魅歌 [日記・雑感]

白梅・紅梅が咲き競っています。
子供のころから”お薬師様”と呼びならってきた
『梅照院』まで歩き、枝垂梅を観ます。


KC4F40430001.jpg KC4F40440001.jpg

さらに歩数をかせぐため、『哲学堂』まで足を伸ばし、
梅の苑を歩きます。歩み寄りますが、香りを感じられません。

淡い香りがあるはずなのだけれど。そうそう、
この間、川越で往きあった蠟梅は良い香りだったなあ・・・


KC4F40470001.jpg KC4F40450001.jpg

母方の祖父は満州チフスという流行り病で
41歳の若さで亡くなったと聞いています。

10000歩を過ぎ、午後からは
生徒のレッスンがあるため帰途につきます。

普段はマスクをしない生徒たちもマスク着用でやって来る日々、
いつまで続くのでしょうか・・・



nice!(0)  コメント(0) 

『レ・ミゼラブル』 [映画]

ヴィクトル・ユゴーの『レ・ミゼラブル』の
舞台となったパリ郊外モンフェルメイユ出身である

アフリカン・フレンチのラジ・リ監督&脚本による
長編第一作『レ・ミゼラブル』はまさしく現代の「あゝ無情」


LesMiserables_sub3.jpg

舞台となるモンフェルメイユのボスケ団地は、
1960年代にミドルクラス向けに建設されたが、

高速道路建設が中止となったため”陸の孤島”となり貧困層に転売、
今では危険視される悪名高き団地となっているという。

LesMiserables_sub2.jpg

フランスの”郊外映画”といえば、
マチュー・カソヴィッツ監督作『憎しみ』が忘れ難いが、

この地区で生まれ育ったラジ・リ監督が突きつける本作は、
信じたくない信憑性に貫かれている。


LesMiserables_sub1.jpg

無垢でなければならない子どもが
武器を手に人を攻撃する。
戦地と同じ悪夢が此処にある。

スパイク・リーも応援する本作、
観て感じて、考えるべきことと信じる。

[コピーライト] SRAB FILMS LYLY FILMS RECTANGLE PRODUCTION


nice!(0)  コメント(0) 

”JAZZ JAPAN AWARD 2019 授賞式&ライヴ” [Live]

土曜日は横浜『日産グローバル・ギャラリー』に於いて
”JAZZ JAPAN AWARD 2019授賞式&ライヴ”に出席。

14枚目のアルバム『Cinemaful Life featuring Junko Moriya』が
BEST PRODUCTION(制作企画賞)を受賞しました!


IMG_20200215_124828508.jpg

今回はGLEYのギタリストTAKURO氏も受賞するなど、
ジャズ・ファン以外のお客様が多く詰めかけたようですが、

ジャズの裾野が広がることは嬉しいことであります。
インタヴューでも語りましたが
「ジャズにも映画にも、変わっていくべきものと、
残っていくべきものがある」というのが
美加の持論であるからです。

IMG_20200215_114513669.jpg

受賞後のパフォーマンスでは守屋純子(P)と共演、
アルバムから3曲を歌いましたよ。

応援に来てくれた我が門下生やそのご家族の皆さんなどなどに感謝!

IMG_20200215_130334612_HDR_edited.jpg IMG_20200215_130746126.jpg

パフォーマンス後の美加、『JAZZ JAPAN』編集長・三森隆文氏、
純子ちゃんの3ショット。

ありがとうございました!お疲れ様でした!



nice!(0)  コメント(0) 

『ギャガ試写室』 [日記・雑感]

金曜日は久々に青山にある『ギャガ試写室』へ。
レニー・ゼルウィガーがアカデミー主演女優賞を獲得した
『ジュディ/虹の彼方へ』を鑑賞。

いやあ、無理して時間を作り、観てよかった!
レニーお見事!まさにオスカーにふさわしい演技と歌!

詳細は写真が届き次第、改めて書きましょう。
『シカゴ』でレニーのファンになった亡き我が父に見せたかったなあ・・・

KC4F40380001.jpg

上映後は毎年の習慣どおり、
長年に渡り番組”美加のNice'N'Easyタイム”を
支えてくださっているスポンサー

『千代田テクノル』の皆さまに、心ばかりのチョコレートをお届け。
本年は15周年記念イヴェントでもお世話になります!


KC4F40350001.jpg KC4F40340001.jpg

さあ、明日土曜日は横浜『日産グローバルギャラリー』に於いて
”JAZZ JAPAN AWARD
2019ライヴ”
開演午後12時、入場無料。美加も受賞のあと、
3~4曲ほど歌います。どうぞマスク着用でおでかけください!

nice!(0)  コメント(0) 

ハートバルーン放つヴァレンタインズデイ 魅歌 [日記・雑感]

北風の日はスーパーマーケットのなかを歩きます。
階段を使うと、結構歩き回れます。

ヴァレンタインズ・デイが近づき、こんなディスプレイも。

KC4F40320001.jpg KC4F40330001.jpg

吞ん兵衛ゆえ、殆ど甘いものは食べない美加ですが、
我が家に頂き物のお菓子は常にあり、

仕事が立て込み空腹をしのぐ時に役立つこと無きにしも非ず。

KC4F40270001.jpg KC4F40250001.jpg KC4F40260001.jpg

地元のハワイアン・カフェ『Kokokara』でランチ。
素材の味を活かした料理のファンは多いよう。

休肝日にリピーターとなり、もう3~4回目になるかな。
お昼まえに行くと、お気に入りの個室感覚の奥の席に座れます!

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -